知られざる(?)マルチステーション

 ここでは、一般的にはあまり知られていないマルチステーションの派生製品(?)につい
 てお伝えしたいと思います。

その1 オンライン端末
 パソコンのマルチステーションと、オンライン専用の端末に一体どんな関係があるのかと
 おっしゃるあなた、当然です。
 こうやって書いている本人も、マニュアルを詳しく読むまではわかっていませんでした(汗)。
 ここに出てくるのが当たり前だとおっしゃるあなた、かなり精通しておられる方ですね。
 尊敬いたします(笑)。

 ここで取り上げるオンライン端末は、日本語端末で手元に資料があるものとなります。
 3270についてはわからない上にほとんど資料がありませんので、基本的には5250の
 話となります。

 オンライン端末の一覧(2017.04.09 追記)

機種名
種類
表示
ディスケット
備考
5295-001
5250
モノ
-
ソフトはROSに内蔵
5295-002
5250
カラー
3.5 2HDx1

5295-0C2
5250
カラー? 3.5 2HDx1? 台湾
5295-0H2
5250
カラー? 3.5 2HDx1? 韓国
5295-GP3
5250
カラー? 3.5 2HDx1? 台湾?中国?
5295-LK1
5250
カラー? 3.5 2HDx1? 韓国
5578-001
3270
カラー 3.5 2HDx1

5578-002
3270
カラー 3.5 2HDx1

5578-xxx
3270
カラー 3.5 2HDx1 台湾
3477-J01
5250 カラー 3.5 2HDx1

3477-J02
5250 カラー 3.5 2HDx1

3477-Kxx
5250 カラー 3.5 2HDx1
韓国
3477-Sxx
5250 カラー 3.5 2HDx1
中国
3477-Txx
5250 カラー 3.5 2HDx1
台湾
3472-J01
3270 カラー 3.5 2HDx1

3472-J02
3270 カラー 3.5 2HDx1

3472-Sxx
3270 カラー 3.5 2HDx1
中国
3472-Txx
3270 カラー 3.5 2HDx1
台湾

 5295−001
 5295−002
 3477−J
 3472−J


5295−001

5295001のイメージ

 5250用の日本語端末としてはおそらく最初の機種です。

 かと思っていましたが、よく考えますと漢字鍵盤を使用した、5250漢字エミュレーションと
 同じ機能の端末が過去に存在していないとおかしいはずです。
 しかし全く情報がありませんので、正確にはわかりません。(2003.03.31)

 漢字鍵盤を使用した機種として、5255という端末が存在していたようです。
 残念ながら、鍵盤の操作方法以外の詳細はわかりません。(2004.04.03)

 後で述べる機種とは違う点がありますが、基本的にはマルチステーションを元にしている
 と思われます。

 特徴
  ・プログラムをROSに内蔵
   後の機種との最大の相違点はここにあります。
   エミュレータのプログラムがROSに書き込まれていると思われます。

  ・BAT、RNAテスト
   マニュアルを参照する限りでは起動時のBATと、テストの項目は変わりますが、TEST
   スイッチによるRNAテストがそのままあります。

  ・ディスプレイ、キーボードはマルチステーションと共通
   ディスプレイは5555のモノクロ、キーボードは5556の1型、あるいは4型を使用する
   ようになっています。

 諸元(保守マニュアルより)
  ・R/WS 76KB (8KB+Display R/WS 4KB+外字用R/WS 64KB)
  ・ROS 96KB (かな漢字変換辞書ROS 64KB+Micro Code ROS 32KB)
  ・Font ROS 512KB
  ・インターフェース Display、Keyboard、Host Interface Adapter
  ・Printer Adapter Card (オプション)

ページトップへ


5295−002
5295-002の画像

 1型のモデルチェンジ機種になります。
 長い間画像がありませんでしたが、この機種をくださるという方から連絡をいただきました。
 しかし自宅において置く場所がないために断念せざるを得ず、写真だけを掲載させていた
 だくことにしました。 (2004.03.09)

 特徴
  ・ディスケットで起動
   専用の支援プログラムディスケットを使用して起動します。
   このディスケットの中身をみましたら、KDOSと5250のエミュレータがそのまま入って
   いました。

  ・BAT、RNAテスト
   マニュアルを参照する限りでは起動時のBATと、テストの項目は変わりますが、TEST
   スイッチによるRNAテストがそのままあります。

  ・ディスプレイ、キーボードはマルチステーションと共通
   ディスプレイは5555のカラーとモノクロの両方が使えるようです。
   キーボードは5556の1型、あるいは4型を使用するようになっています。

 支援プログラムの機能(ユーザーズ・ガイドより)
  ・5250漢字ワークステーション
  ・カラーモード/単色モード
  ・文節かな漢字変換 (ROSカードの拡張辞書カードが必要)
  ・JIS’83版句点コードの使用
  ・ユーティリティーのサポート
    システムの生成
    ユーザー・フォント・ユーティリティー
    ディスケットの初期設定と複写
    フォント/辞書/個人別辞書の複写と削除
    ユーティリティーの変更
    個人別辞書ユーティリティー
  ・レベルEのプリンターのサポート
  ・明滅表示
  ・キーボードロック

 各モデルについて(2017.04.09 追記)
  手持ちの資料、IBMから発表された情報とWEB上で見つけた情報より
  機種を掲載しています。

  台湾、韓国で発売されていたのは間違いないですが、詳細はわかりません。
  1型互換機か2型互換機かそれ以外なのかもわかりません。

ページトップへ



5578

 (2017.04.09 追記)
 5295−002と同時期に販売されていた3270用の専用端末です。
 WEB上で写真と価格を見ることができます。
 ですが管理人は3270は全くわかりませんので、詳細や1型と2型の違いは
 全くわかりません(汗)。

 台湾で発売されていたのは間違いないですが、詳細はわかりません。

ページトップへ



3477−J

3477J02のイメージ

 5295のモデルチェンジ機種で、専用端末としてはおそらく最後の機種です。

 各モデルについて(2017.04.09 変更)
  IBMのサイトを検索しますとK、S、Tの各モデルの記述が見られますが、
  詳細はわかりません。

  IBMから発表された情報とWEB上で見つけた情報より機種を掲載しています。
  韓国、中国、台湾で発売されていたモデルは間違いないですが、詳細はわかりません。

 特徴
  ・ディスケットで起動
   専用の内部制御ディスケットを使用して起動します。
   このディスケットの中身をみましたら、KDOSと5250のエミュレータがそのまま入って
   いました。

  ・BAT、RNAテスト
   マニュアルを参照する限りでは起動時のBATと、テストの項目は変わりますが、TEST
   スイッチによるRNAテストがそのままあります。

  ・専用のディスプレイ
   カラー、モノクロの専用のディスプレイを使用します。

  ・専用のPS/2キーボード
   5576互換のPS/2ポートを使用する専用のキーボードを使用します。
   5576の1型から3型の互換キーボードと、5556と同じキー配列の4型キーボード
   があります。

 仕様(3477−J01のカタログより)
  ・システム装置
    寸法 310(W)x320(D)x66(H)mm
    重量 2.0kg

  ・ディスプレイ
    3474-JDM モノクロ15インチ
    3474-JDC カラー7色14インチ

  ・キーボード
ID#
P/N
寸法(mm)
WxDxH
重量(kg)
キー配列
キー数
数値キー
3479JA1
38F4580
519x185x42
1.8
タイプライター型
124
標準装備
3479JA2
34F4590
472x168x45
1.4
IBM拡張型
106
標準装備
3479JA3
38F4600
387x178x40
1.4
89
オプション
(数値キー・パッド
 ID# 38F4620)
3479JA4
38F4610
519x185x42
1.8
タイプライター型
125
標準装備

 3477−J02の主な機能(ユーザーズ・ガイドより)
  ・複数文字セットの使用
   IBMカタカナ文字セット
   IBM英小文字セット
   IBM日本語文字セット

   注、EBCDICの日本語コードでは、アルファベットの小文字のコードに半角のカタカナが
      割り当てられていますので、アルファベット小文字を使用するときは文字セットを切り
      換える必要があります。

  ・漢字の入力
   ホスト・システムの「かな漢字変換プログラム」を使う方法
   かな漢字変換による方法
   かな漢字変換を使ってJIS句点を入力する方法
   テン・キーを使用して漢字番号を入力する

  ・2つの表示装置としての使用
   1台に2つのワークステーションアドレスを割り当てることが可能。

   注、本来なら2台必要なコンソールと通常のワークステーションを切り換えて使用するこ
      とができるようになっているということです。

  ・カラー表示
  ・罫線画面の表示
  ・レコード機能とプレイ機能

  ・フィールドへの入力
   ホスト・システムのプログラムでフィールド・タイプを指定しておくことにより、指定以外の
   データを入力するとエラーにすることができる。

  ・印刷機能
   ホスト印刷とローカル印刷

ページトップへ


3472−J

 3477−Jと同時期に販売されていた3270用の専用端末です。
 ただし管理人は3270は全くわかりませんので、カタログに記載されている内容以上のこと
 はわかりません(汗)。

 外観
  本体、画面は3477−Jと全く変わりません。
  キーボードは、配列は同じですがキートップの刻印が違うようです。

 特徴
  本体
   3477−Jと変わらないと思われます。

  キーボード
   5576互換のPS/2ポートを使用する専用のキーボードを使用します。
   5576の1型から3型の互換キーボードがあります。

 仕様(3472−J01のカタログより)
  ・システム装置
    寸法 310(W)x320(D)x66(H)mm
    重量 2.0kg

  ・ディスプレイ
    3474-JDM モノクロ15インチ
    3474-JDC カラー7色14インチ

  ・キーボード
ID#
寸法(mm)
WxDxH
重量(kg)
キー配列
キー数
数値キー
3479JM1
519x185x42
1.8
タイプライター型
124
標準装備
3479JM2
472x168x45
1.4
IBM拡張型
106
標準装備
3479JM3
387x178x40
1.4
89
オプション
(数値キー・パッド
 ID# 65X1137)

  ・オプション
    磁気ストライプ読み取り装置
 
 各モデルについて(2017.04.09 変更)
  IBMから発表された情報とWEB上で見つけた情報より機種を掲載しています。
  中国、台湾で発売されていたモデルは間違いないですが、詳細はわかりません。

Content created and/or collected by:
Louis Ohland, Peter Wendt, William Walsh, David Beem, Tatsuo Sunagawa, Jim Shorney, Tim Clarke, Kevin Bowling, Tomáš Slavotínek, and many others.

Ardent Tool of Capitalism - MAD Edition! is maintained by Tomáš Slavotínek.
Last update: 26 Oct 2021 - Changes & Credits | Legal Info & Contact