オプションについて
(その3)

 JBCC、日本ビジネスコンピューターは古くからのIBMの代理店です。 
 現在でも System/i5 を中心としたIBM製品の販売を行っています。

 IBMの代理店となる前は自社ブランドのコンピューターを製作、販売して 
 いたりしました。

 そのためもあってかJBCCブランドのプリンターは結構最近まで残っていて、
 管理人も使用していました。

 ここではマルチステーション用にJBCCが販売していたオプションを紹介
 したいと思います。
 興味深い周辺装置ばかりですが、残念ながら当時の価格はわかりません。

 (最近になって資料を見つけました。写真も入っていますので、順次掲載
  していきたいと思います。)

 入力装置
  手書き漢字入力装置
   デジタイザにペンで文字を書いて読み込ませる装置のようです。

  セレクトキーボード
   POS端末や、昔オフコンでよくあったワンタッチ式のキーボードです。

  マークカードリーダー
  マークシートリーダー
  OCRハンドリーダー
  バーコードリーダー
  IDカードリーダー
  デジタイザー

  手書き文字/図形読取装置
   日本語ではわかりにくいですが、ようするにスキャナーです。

 記憶装置
  40MBハードディスク装置
  カードリッジ磁気テープ装置
  カセット磁気テープ装置
  8インチフロッピーディスク装置

 出力装置
  プリントスター5023
  漢字ラインプリンタ 5077
  OCRプリンタ
  高速プリンタ S−7400
  高速プリンタ S−7900

  カラーインクジェットプリンタ
   当時としては非常に珍しいプリンターだと思います。
   残念ながら白黒写真なので、どのような色が使えたのかはわかりません。

  X−Yプロッター
  ジャーナルプリンタ

Content created and/or collected by:
Louis Ohland, Peter Wendt, William Walsh, David Beem, Tatsuo Sunagawa, Jim Shorney, Tim Clarke, Kevin Bowling, Tomáš Slavotínek, and many others.

Ardent Tool of Capitalism - MAD Edition! is maintained by Tomáš Slavotínek.
Last update: 23 Oct 2021 - Changes & Credits | Legal Info & Contact